スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格言!!

みなさんこんにちは。

今日は、将棋の格言についていくつか紹介したいと思います。
これらは、古くから将棋指しの中で語られているものであり、意識することで対局中の指し手の方針、考え方が本筋にぐっと近づきます。
私も、これらを意識して指すようになって、棋力の向上を感じました!

今回はそれらの中でも特に役立つ場面の多い格言をいくつか紹介します。

・玉は包むように寄せろ
まずは、これです。
はじめのうちは、玉を一方向からのみ攻めがちです。そうなると、反対側から玉がスルスルと逃げられてしまうことが多いです。
玉を追い詰めるコツは挟み撃ち!! 事前に玉の逃げ道を押さえておくことでより玉を詰ませやすくなります。

・龍は敵陣に馬は自陣に
特に、後ろ側が重要です。
よく低級者の方同士の対局では、香車を取る為になった馬が、最後までその位置にぽつんといることが多く感じます。(自分もたいした腕ではないのです、上から目線になってしまっているのはご容赦ください。)
馬の力を最も発揮できるのは守りです!馬の守りは金銀3枚という格言もあるほど、防御力の高い駒です。また、馬は遠くまで効く駒なので、自陣にいても攻めに参加することができます。
駒ごとに最も力の発揮できる使い方が出来るようになると、あっというまに有段者です!

・と金のおそはや
と金での攻めは、遅いようで実は早いという意味です。
はじめのうちは、と金を軽視しがちだと思います。しかしと金は、金の動きが出来て取られても歩しか渡さない非常に強い駒です。これが相手の金銀と交換できれば、それだけ相手の陣地に投入できる金駒が減り、こちらの攻撃を受けることが出来なくなります。これが、と金の攻めが早いといわれる所以です。
但し、自陣の安全が第一!自陣の安全を確認してから、攻めるようにしましょう。

いかがだったでしょうか?
次回以降の対局では、ぜひこれらのことを意識しながら指してみて下さい!
また、他の格言も良いものばかりです。一度調べてみると棋力の向上につながりますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。